「『ジュリーの世界』と、あの頃の京都」
作家 増山 実氏